FC2ブログ
SUNMOON オプション
サンムン指標によって稼ぐオプションブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日カレンダーバック
本日カレンダーバックを立てました。

ガンマーの大きさにによってバックとフリーの組み合わせでとることができるようです。
スポンサーサイト
2011.12.09のポジション
【本日新規】

 P2  7000  +1  47
 P2  6750  -1  35
 P1  7000  -1  14


【既存】

 P3  7000  +1  70
 P3  6000  -1  38
 P2  7000  -1  31
2011.12.07のポジション
P3  7000  +1  70
P3  6000  -1  38
P2  7000  -1  31

約定を早まり損失2千円
雑所得として申告分離課税が必要
雑所得として申告分離課税が必要
納税の必要がある?
日経225先物・オプション取引で得た利益は、有価証券先物取引等に係る雑所得として申告分離課税(他の所得と切り離して納める税金のこと)となります。

つまり、サラリーマンなら利益が20万円以上なら自分で税務署に行って確定申告をし、税金を払う必要があるということです。(申告時期は毎年2月16日~3月15日まで)

日経225の税金の税率は?
税率は利益の大小にかかわらず一律20%(所得税15%、住民税5%) です。

確定申告って難しい?
日経225などの先物取引は確定申告で「先物取引に係る雑所得等の金額の計算明細書」という書類に記載します。

またその添付資料として、
・先物決済報告書(取引報告書)
・取引計算書(先物決済報告書の合計をエクセルなどで作る)
が必要です。

ただし、証券会社によっては「年間報告書」を発行してくれるので、それを証憑類として添付することで代用できる場合もあります。

例えば、ひまわり証券では電子交付サービスというものがあり、確定申告の時期が近づいてくると「実現損益一覧表」というPDFファイルが閲覧・印刷できるようになるので、これを印刷するだけで添付資料にでき、計算書を作る必要がなく便利です。

他の証券会社でも、こちらから依頼して取引報告書を郵送で送付してくれるところなどもあるので、税金に関しても事前にチェックしておくとよいでしょう。

日経225は株式など他の取引と損益通算できる?
・株式取引の損益とは通算できません。
・FXは「くりっく365」であれば損益通算できます。(店頭取引はできない)
・有価証券先物取引、有価証券指数等先物取引、有価証券オプション取引(差金決済による売買損益に限る)、商品先物取引(商品の受渡しが行われるものを除く)の損益との通算ができます。

日経225は確定申告で損失を繰越控除できる?
日経225先物・mini・オプションで生じた損失は、確定申告することにより翌年以後3年にわたり、先物取引に係る雑所得等の金額から繰越控除できます。翌年以降の税金を減らせる可能性もあるので、損失でも面倒くさがらずに確定申告しておいたほうが得策です。

支払調書は?
先物・オプション取引の決済ごとに証券会社から税務署へ提出されます。詳細は近くの税務署へ確認しましょう。
カレンダースプレッドフリートレード戦略
カレンダースプレッドを組み更にプレミアムの低いプットを購入し損益を確定する戦略です。
すぐに暴落をすると利益幅はありませんが時間経過後に暴落をした場合には多少の利益が見込めます。
copyright © 2018 SUNMOON オプション all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。