FC2ブログ
SUNMOON オプション
サンムン指標によって稼ぐオプションブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人間の感覚の問題
一定の間隔を置いて見ると明らかに上がるまたは下がるの2通りなのにその間にも上がったり下がったりしているこの代物は人間の感覚では対処することができません。したがって中間の上がり下がりしているときには将来の上昇下降を判断することができないのです。
これが私の結論です。株価の上昇下降は予想不可能です。予想できると考えているあなたはそもそも負けています。予想できないと言う前提からスタートしてください。 
スポンサーサイト
カレンダー・スプレッドの狙い
カレンダー・スプレッドの狙いスプレッド取引(オプションの組合せ)の中でぜひ修得してほしい戦略に、「カレンダー・スプレッド」があります。
カレンダー・スプレッドは、「タイム・スプレッド」ともいい、コール(またはプット)の異限月間のスプレッド取引です。

日経225オプションでは、取引できる(流動性のある)限月が限られているので、限月の選択に迷うことはないでしょう。

当限のコール(またはプット)を売り、次限月のコール(またはプット)を買います。カレンダー・スプレッドでは、必ず手前(残存日数のより少ない)限月を売り、その次の(残存日数のより多い)限月を買います。
プレミアムは、買い玉のプレミアムの方が売り玉のプレミアムより大きいので、トータルで「支払い」(デビット)になります。

カレンダー・スプレッドは、株価(日経225)が一定のレンジで動く中で、当限オプションの時間価値が剥げることによって利益を上げる、というメカニズムなのです。
カレンダー・スプレッドと、単なるオプション「売り戦略」の違いは、カレンダー・スプレッドは、売り玉が買い玉によってヘッジされているということです。

たとえば、日経225オプションにおいて、日経225が8700円のとき、「11月限 9000-コール」を売り、「12月限 9000-コール」を買うカレンダー・スプレッドを仕掛けたとします。 その後、日経225が9500円まで上昇したと仮定すると、売り玉はイン・ザ・マネーで損失が発生しますが、この損失は買い玉の利益によってカバーされます。このように、カレンダー・スプレッドは、「売り戦略」より優位な側面をもっています。

カレンダー・スプレッド仕掛けのタイミングやポイント日経225が8714円のときに、「2002年11月限 9000-コール」を1枚155円で売り、「2002年12月限 9000-コール」を315円で買ったとします。このときのポジションは下図のようになります。

カレンダー・スプレッドでは期近を売って、期先を買います。図のポジションだと、ネットで160円の支払いになります。したがって、2002年11月限の期日までに、ネット(差引き)のプレミアムが160円を超えれば利益になります。つまり「ネットのプレミアムが160円を超える状況」考えてみるのです。

日経225の動きは、以下の3パターンが考えられます。
1.日経225が2002年11月限の期日までの間に、あまり変動しない場合
2.日経225が同期間において、大きく上昇した場合
3.日経225が同期間において、大きく下落した場合

この条件でポジションが利益になる状況と、損失になる状況を考えるのです。 カレンダー・スプレッドにおける最大のポイントは、オプション独自の特性である「時間価値の減少」にあります。
つまり、カレンダー・スプレッドにおいては、原資産の動きだけでなく、オプションの特性である「時間価値」の変化を考慮しなければなりません。オプションのカレンダー・スプレッドでは、むしろ「時間価値の減少」を利用して利益を上げる場合が多いのです。
下図は、ポジションの損益が、期日においてどう変化するのかの一例です。

これは、11月限の期日における損益のプロジェクション(予想)にすぎません。
オプションのスプレッドの場合、先物のサヤ取りと異なり、原資産(この場合、日経225の価格)の水準によって、損益がはっきりと確定しません。また、残存期間、デルタ(原資産の変化に対するオプション・プレミアムの変化の割合)、IV(予想変動率)によって、損益が変わります。 当然ながら、期日前であっても、利益が出ている時点で、あるいは、一定の損失を超えた時点で手仕舞ってもかまわないのです。

カレンダー・スプレッドのポジション管理カレンダー・スプレッドの損益のプロジェクション(原資産である日経225の水準によるスプレッドの売り玉と買い玉のプレミアム、および損益の予想)をもう一度見てください。
カレンダー・スプレッドは、先物におけるサヤ取りと異なり、原資産の水準及び残存日数の減少によって起こるタイム・ディケイのためにプレミアムが変化し、これによってスプレッド・ポジションの損益が変わります。
それを十分に理解する必要があります。例としまして、以下の2つのケースから説明します。

■ ケース1

日経225が期近限月の期日までに、権利行使価格を上回らずに満期を迎える場合で、さらに、日経225がさがった場合:
1.小規模の下落
2.大きく下落

■ ケース2

日経225が期近限月の期日までに、権利行使価格を上回って満期を迎える場合で、さらに、日経225が上がった場合:
1.小規模の上昇
2.大きく上昇

これらのケースのおける損益を予想し、ポジションを管理する必要があります。ポジションの管理とは、どの水準で利益を確保するか、あるいは損切りをおこなうかを想定し、対処することです。
オプションの原資産は日経225の現物株価指数です、オプションにおけるカレンダー・スプレッドでは、限月が異なっていても、原資産である日系225そのものは同じであるため、先物取引のように限月間のサヤの変化を利用して利益を上げることはできません。オプションやカレンダー・スプレッドでは、あくまで、タイム・ディケイまたはオプション・プレミアムの変化を利用します。

タイム・ディケイを利用したカレンダー・スプレッドオプション・プレミアムが「時間価値」と「本質価値」から成り立っているます。時間価値は、時間とともに減少します。
これを「タイム・ディケイ」といいます。

重要なのは、時間価値の減少は、時間の経過に比例するのではなく、オプション期日が近づくと”急減”する、ということです。
カレンダー・スプレッドは、この性質を利用します。つまり、残存日数の少ない期近限月のオプションを買っておくのです。

ただし、カレンダー・スプレッドにおいて、注意しなければならないことがあります。
それは、スプレッド取引なので、買っている期近限月のプレミアムが、売っている期近限月のプレミアム以上に下がると利益を得られない、ということです。

言い換えると、買っている期近限月のオプションのIVが、期近限月のオプションのIVよりも急激に減少するか、原資産の価格が一定幅を超えて上昇、または下落する場合です。
一般の投資家の方は、限月ごとのIVのデータを入手するのはむずかしいので、もっぱらオプション価格の変化を追います。
三大証券会社
野村ホールディングス傘下

野村證券
ジョインベスト証券
大和証券グループ本社傘下

大和証券
大和証券SMBC
旧「大和証券エスビーキャピタル・マーケッツ」、大和証券グループ本社・SMFG共同出資。
日興コーディアルグループ傘下

日興コーディアル証券 元は日興證券
日興シティグループ証券
(旧「日興ソロモン・スミス・バーニー証券」)
シルクの腹巻き
薄くても効果抜群!素肌に着用できます。
お見舞いギフト用の保温シルク製品も掲載中

Silk Under Wear

気候の変化から体を守る
絹の腹巻き
絹の保温・吸放湿効果で、
冷えによる腰痛の方にもお奨めです
<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/092eb8ff.23a61d28.092eb900.1ccb5ca4/?pc=http://www.rakuten.co.jp/mayuko/745107/#1388539&m=http://m.rakuten.co.jp/mayuko/i/1388539/" target="_blank"><img src="http://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/?pc=http://image.rakuten.co.jp/wshop/data/ws-mall-img/mayuko/img128/img.jpeg&m=http://image.rakuten.co.jp/wshop/data/ws-mall-img/mayuko/img64/img.jpeg" border="0"></a>
オプションのSQ結構面白い方法
オプションのSQわたしが結構好きな方法で結構面白い方法があるのです。
 オプションにはSQ*というのがありますよね。

* SQとは、株価指数先物・オプションの決済の値段の事で、特別清算指数とも言う。

まずSQの前の日の取引終了時間間際にオプション価格が安いものを買います。

それも権利行使価格に届かない(アウト・オブ・ザ・マネー)のもので、出来るだけ実際の価格と権利行使価格が近いものをである必要があります。

当然、SQの前の日の取引で期限切れですから、かなり安く買えます。 場合によりますが1枚数千円から数万円程度で買えます。

普通は「??? なんで期限切れのものを買うの?」って感じでしょうけれどSQの価格はプロ同士の思惑で、実際の相場の流れと別に大きく動く事も少なくありません。

 場合によってはアウト・オブ・ザ・マネーだったものがSQではイン・ザ・マネー(権利行使価格を超えて利益の出る状態)ということもそれほど珍しい事ではありません。

 そうすると紙くず(っていうかオプションですから紙すらないけど)のはずだったものが、最終のSQによる最終精算をすると、突如儲かってたって事も起こる訳です。

これは投資というよりもお遊びなんですが、そう割り切ればかなり楽しいと思います。
取引で指数
取引で指数を使いこなす
 インターネットでのオプション取引では、IV(インプライド・ボラティリティ)のほかに、δ(デルタ)・γ(ガンマ)・κ(ベガまたはカッバ)・θ(セータ)という4つの指標を目にします。これらはギリシャ文字であることから、ギリシャ指標と呼ばれます。実際の取引では、シミュレーションツールなどを使用するとは思いますが、どのような意味を持つ数値なのかは知っておくにこしたことはありません。ここでは簡単にその意味について解説していきます。

δ(デルタ)= プレミアムの変化額÷原資産価格の変化額
 原資産が1上昇したときのプレミアムが上昇する割合。権利行使される確率を表してもいる。コールは正の値、プットは負の値で表される。動きは0から1(−1)まで。値はOTMで権利行使価格から離れるほど0に近くなる。ATMでは、0.5付近に、ITMに入るほど1に近づく。

γ(ガンマ)= δ(デルタ)値の変化幅÷原資産価格の変化額
 原資産が1上昇するときのデルタが上昇する割合。すべて正の値で表される。ATMで値は最大になり、ITM、OTMで離れるほど小さくなる。ガンマ=0.0004とは、日経平均株価が1動くとデルタが0.0004増加するということ。デルタが0.5で株価が100円動けば、デルタは0.54になる。

κ(ベガ)=プレミアムの変化額÷インプライド・ボラティリティの変化幅
 インプライド・ボラティリティ(IV)が1変動するとき、プレミアムが変動する割合。常に正の値で表される。ATM付近で最大値となる。満期日までの日数の長いものほど値は大きくなる。

θ(セータ)=プレミアムの変化額÷残存日数の減少
 1日で失われるプレミアムの値。コール、プットとも負の値で表される。時間的価値の減少値となります。満期日が近づくにつれてATMではマイナス値が拡大する。ITMとOTMでは逆に減少する。時間の経過(タイム・ディケイ)を理解するのに役立つ指標。
”宝の山”は実在します。
この日経225オプション錬金術は、私が証券会社勤務時代に事業法人部、
   金融法人部時代で10年以上に渡り、切磋琢磨をし習得した門外不出の
   スキルであり、投資の極意と言えます。
   トップディーラーのスキルが身に付き、株式相場が消滅しない限り、
   半永久的に稼げる投資の極意です。毎月2〜3回の売買でOKなので、
   忙しいビジネスマンにも最適な投資方法だと言えるでしょう。

  ”宝の山”は実在します。
   しかしそれは誰もが知らないからこそ宝の山であり続けるのであり、
   多くの人に知られてしまうと、財宝が奪い取られていずれは何も残りません。
   FXがその典型例なのではないでしょうか?
   誰もが向いていない場所にこそ、宝は眠っているはず。
   私はそのプロとして、あなたを案内します。
オプション売買戦略マニュアル
「オプション売買戦略マニュアル」の内容

第一章 魅力あるオプションの世界

01.オプションの歴史
02.オプションとはなにか?
03.オプションへの6つの誤解
04.日本のオプション・海外のオプション
05.なぜ海外オプションなのか?
06.生涯現役の資金運用を可能とするオプション

第二章 オプションの基本

01.オプションの定義
02.「コール」と「プット」
03.プレミアムの売買
04.マネーネスという概念
05.オプションの価値とは?
06.決算期日における清算
07.オプションと株との違い
08.オプションを、親亀にのった子亀たちにたとえてみると

第三章 オプションの価格

01.オプション価格は、何から成り立っているのか
02.オプション価格を決定する要素
03.原資産価格と権利行使価格
04..マネーネス(原資産価格と権利行使価格との接近度)
05.タイムディケイ(時間の経過によるオプション価値の腐食)
06.ボラティリティ
07.オプション価格のゆがみとボラティリティ
08.その他のオプション価格のゆがみ
09.オプション価値を判断するリスク指標(グリークス)
10.損益図

第四章 オプション売買戦略の構築

01.四種類あるオプション売買
02.時間価値とボラティリティ価値とのせめぎ合い
03.オプションの特性を味方につけ、売買の優位性を確保する
04.優位性確保の為には仕組み作りが必要
05.ボラティティを生かした優位性の確保
06.基本二戦略−方向性を重んじる戦略か、重んじない戦略か−
07.6つの中立化調整
08.グリークス調整によるポジションの中立化
09.デルタ・ニュートラル調整のやり方
10.中立化をもとにした戦略
(1)ガンマ・スキャルピング戦略
(2)インデックス・オプションと個別株を使った「ベータ・ウェイティング」という手法
(3)タイムディケイ戦略
(4)OTMプット・タイム・スプレッド戦略
(5)三本足戦略(Three-Legged Option Strategy)
(6)ボラティリティの高低に従った時間差エントリー戦略「フリー・トレード」
(7)全天候型戦略「カレンダー・コンドル」
11.グリークス中立化調整過程における利益確定の仕方
12.長期オプション(LEAPS)を戦略に活用する
13.オプション戦略の選定
14.ヘッジによるリペア戦略
15. ポジションのリスクのレベル

第五章 オプション戦略事例集−オプション戦略62−

戦略01 ロング・コール
戦略02 ロング・プット
戦略03 ショート・コール
戦略04 ショート・プット
戦略05 カバード・コール
戦略06 カラー
戦略07 カバード・プット
戦略08 シンセティック・コール
戦略09 シンセティック・プット
戦略10 カバード・ショート・ストラドル
戦略11 カバード・ショート・ストラングル
戦略12 ブル・コール・スプレッド
戦略13 ブル・プット・スプレッド
戦略14 ベア・コール・スプレッド
戦略15 ベア・プット・スプレッド
戦略16 ブル・コール・ラダー
戦略17 ブル・プット・ラダー
戦略18 ベア・コール・ラダー
戦略19 ベア・プット・ラダー
戦略20 ロング・ストラドル
戦略21 ショート・ストラドル
戦略22 ロング・ストラングル
戦略23 ショート・ストラングル
戦略24 ストリップ
戦略25 ストラップ
戦略26 ロング・コール・バタフライ
戦略27 ロング・プット・バタフライ
戦略28 ショート・コール・バタフライ
戦略29 ショート・プット・バタフライ
戦略30 モディファイド・コール・バタフライ
戦略31 モディファイド・プット・バタフライ
戦略32 コール・レシオ・バックスプレッド
戦略33 プット・レシオ・バックスプレッド
戦略34 レシオ・コール・スプレッド
戦略35 レシオ・プット・スプレッド
戦略36 ロング・コール・コンドル
戦略37 ロング・プット・コンドル
戦略38 ショート・コール・コンドル
戦略39 ショート・プット・コンドル
戦略40 ロング・コール・シンセティック・ストラドル
戦略41 ロング・プット・シンセティック・ストラドル
戦略42 ショート・コール・シンセティック・ストラドル
戦略43 ショート・プット・シンセティック・ストラドル
戦略44 ロング・アイアン・バタフライ
戦略45 ショート・アイアン・バタフライ
戦略46 カレンダー・コール
戦略47 カレンダー・プット
戦略48 ダイアゴナル・コール
戦略49 ダイアゴナル・プット
戦略50 ロング・ガッツ
戦略51 ショート・ガッツ
戦略52 ロング・シンセティック・フューチャー
戦略53 ショート・シンセティック・フューチャー
戦略54 ロング・コンボ
戦略55 ショート・コンポ
戦略56 ロング・ボックス
戦略57 ロング・アイアン・コンドル
戦略58 ショート・アイアン・コンドル
戦略59 ロング・カレンダー・コンドル
戦略60 ショート・カレンダー・コンドル
戦略61 ロング・ジェリー・ロール
戦略62 ショート・ジェリー・ロール

第六章 FX 取引に通貨オプションを組み合わせたヘッジ戦略

01.FX 単独では限界があるニュートラルなFX 取引戦略
02. 通貨オプションの種類
03. 上場市場通貨オプションと店頭市場通貨オプション
04. 上場市場通貨オプションの種類
05. 取引所ごとに異なる通貨オプションの特性
06. シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の通貨オプション
07. サクソ銀行(SaxoBank)のFX オプション
08. ロスカットか?ヘッジか?
09. 通貨オプション独自の売買戦略
10. 通貨オプションとFX 取引とを組み合わせたヘッジ戦略
  ?カバード・コール/ カバード・プット 戦略 
  ?ブル・コール・スプレッド/ ベア・コール・スプレッド 戦略
  ?ロング・カラー/ ショート・カラー 戦略
  ?プロテクティブ・プット/ プロテクティブ・コール 戦略
  ?ロング・コール/ ロング・プット 戦略
  ?ショート・コール/ ショート・プット 戦略
  ?ロング・ストラドル/ ショート・ストラドル 戦略
  ?ロング・アイアン・コンドル/ ショート・アイアン・コンドル 戦略
  ?ロング・コール・バタフライ/ ショート・コール・バタフライ 戦略
11. カバード・オプション戦略におけるデルタ・ニュートラル調整の必要性
12. 実際にはどうか?
  カバード・コール戦略適用
  カバード・プット戦略適用
  ロング・カラー戦略適用
  ショート・カラー戦略適用   

第七章 ヘッジ戦略事例集−ヘッジ戦略84−

<上昇相場の場合>
1.「これから、必ず、上昇相場になる」との、確信が持てる時
(1)高い行使価格にポジションをおいている時
(2)ATMにポジションをおいている時
(3)低い行使価格にポジションをおいている時
2.「これから、必ず上昇相場になるのかどうなのか」、不安な時
(1)高い行使価格にポジションをおいている時
(2)ATMにポジションをおいている時
(3)低い行使価格にポジションをおいている時

<下降相場の場合>
1.「これから、必ず下降相場になる」との、確信が持てる時
(1)高い行使価格にポジションをおいている時
(2)ATMにポジションをおいている時
(3)低い行使価格にポジションをおいている時
2.「これから、必ず下降相場になるのかどうなのか」、不安な時
(1)高い行使価格にポジションをおいている時
(2)ATMにポジションをおいている時
(3)低い行使価格にポジションをおいている時

<保ち合い相場の場合>
1.「保ち合い相場は、今後も続く」との、確信が持てる時
(1)高い行使価格にポジションをおいている時
(2)ATMにポジションをおいている時
(3)低い行使価格にポジションをおいている時
2.「保ち合い相場は、今後は、続かない」との、確信が持てるとき
(1)高い行使価格にポジションをおいている時
(2)ATMにポジションをおいている時
(3)低い行使価格にポジションをおいている時
3.「保ち合い相場は、今後は、続くのか続かないのか」わからない時
(1)高い行使価格にポジションをおいている時
(2)ATMにポジションをおいている時
(3)低い行使価格にポジションをおいている時

第八章 トレードのオーブンからクローズまで

01.海外に取引口座を開設する
02.ポジションの組み立て
03.原資産の選定とグリークス・ボラティリティの確認
04.証拠金と手数料について
05.トレードプランの策定
06.トレードに入る
07.ポジション・マネジメント−クローズ/ロールの仕方−
08.損切りと利食いの仕方
09.オプションの自動売買の動向について
10.海外のオプション売買取引に関わる税金の申告について
11.オプション売買の為のチャート分析

第九章 実際にシカゴでオプション売買取引をしてみる

01. ポジションを組む−ポジション設定1 日目-
02. ロールをしていく- ポジション設定後7 日目・ロール1 日目-
03. ポジションのグリークス値をみる- ロール後10 日目-
04. 時間価値の減少と、ボラティリティの上昇とのせめぎあい-ロール後、17日目-
05. プロフィット・レンジを調整した場合・しない場合-レンジ調整後23日目比較-
06. 強烈な踏み上げにおけるポジションの帰趨- ロール後27 日目
07. いよいよ、利益確定- ロール後1ヶ月目-

終章.オプション売買取引10の黄金則

参考資料 オプション売買に役立つ資料と情報

1.これだけは読んでおきたい参考書
2.これだけは目をとおしておきたい日本語のサイト・リンク集
3.これだけは、知っておきたい、英語のサイト・リンク集
4..ポジションの分析ツールなどについてのリンク
5.便利なツールの紹介
6.「オプション・さいころ」のご紹介
7.「海外オプション実戦戦略マニュアル」からリンクされているその他のサイトのリンク一覧
うねりとり
うねりとりとは株価がうねっていること利用して利益をえようとするものです。株価は常に上昇下降を繰り返します。株価が安い時に株を買い置きして株価が上がった時に売ってしまおうと言うものです。株価定期的に上昇下降を繰り返している銘柄には適してしる売買方法です。日本の株の場合にはたいてい決済前の年末が安く決済の終わる4月時期が高いという傾向にあります。これを利用したらよいでしょう。
 ただ必ずしもこれに当てはまる株ばかりでありませんからご注意を。。

      <A href="http://kogure003.seesaa.net/" target="_blank">誰でもできるアフィリエイト
</A><br>
グランビルの法則を利用した取引
グランビルの法則を利用した株取引です。株価は移動平均線に近ずこうとする性質があります。まず移動平均線の傾きを確認してください。株価が移動平均線から離れた時に売買サインが現れます。次は参考サイトです。

http://www.taicom-osaka.om/tekunica/gran3/more/more.htm
http://www.taicom-osaka.com/tekunica/tekunica.htm

      <A href="http://kogure003.seesaa.net/" target="_blank">誰でもできるアフィリエイト
</A><br>
copyright © 2018 SUNMOON オプション all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。